善玉菌と悪玉菌

Uncategorized

善玉菌と悪玉菌なる存在に関しては、専門知識こそお持ちで無くとも、誰もが漠然とその名前を認識されているに違いありません。同時にその固有名詞から来るイメージだけで、前者が身体に良い菌で、後者は病原菌的な存在だと捉える向きが多いかと思われ、概ね間違った解釈ではありません。ですが医学用語を日本語訳したこれら三文字ですので、字面だけから全てを判断するのは専門的に申せば「間違い」なのも事実です。

善玉菌と言えば腸内で良い働きを担う、身体に必要な菌として周知されています。対して悪玉菌は健康な身体内では善玉菌と比較して劣勢ながら、身体内から完全に消し去ってしまう事が困難な菌であり、ストレスその他で体調が崩れると増殖を見せる特徴を有しています。その顕著な症例が便秘であり、体外から善玉菌を豊富に含有するヨーグルトやサプリメントを摂取する事で対応を図る風邪対策は、既に数え切れない方々が実践されている通りです。

ビフィズス菌や乳酸菌などが腸内環境の改善から安定に有効である事は、多くの方々が認識されている通りですが、ここでは更にもう1歩深く踏み込んで、善玉菌と悪玉菌と便秘との関係性を、皆様と一緒に検証してみたいと思います。体内のメカニズムをより深く正確に知る事で、善玉菌をより安全かつ適正に摂取する方法を正しく見極められれば、便秘という厄介な症状と無縁の健康な毎日の維持は、然して難しい事ではありません。同時に多くの方々が誤って捉えがちな悪玉菌に関しても、この機会に正しい豆知識を得ていただければ幸いです。

関連HP>>>私の便秘は解消しました。~この感動をあなたにも~
善玉菌を増やすオリゴ糖について説明しています。