悪玉菌という存在

Uncategorized

私達の腸内には400種類以上、総数は100兆を越えるさまざまな菌が混在しており、腸内細菌と称されるこれらの多くは大腸内の腸壁にへばりつく状態で生息しています。これらの中で私達の健康維持にプラスの働きを見せる菌を善玉菌、反対に悪しき働きを届ける菌を悪玉菌と、大きく2つに訳で捉えられています。ちなみに後者の代表格として大腸菌が、そして皆様には馴染みの薄い名称かと思われますが、ウェルシュ菌なる存在が挙げられます。

善玉菌は腸内に送り込まれたタンパク質を分解から便やガスの素を作る働きを担い、これらは腐敗物質と称されます。元来であれば一定時間内に体外に排泄されるべきこれらが腸内に滞留してしまうと、健康時には劣勢だった悪玉菌が一気に増殖を見せ始めます。大腸菌は大腸がんなど深刻な症状を引き起こすリスクを有しており、活発な活動をさせぬ健康管理が求められます。

こうした悪玉菌の悪しき活動を抑制させる上で、私達は体内における善玉菌の優勢状態を保たねばなりません。ちなみに善玉菌にはこの大切な働き以外にも、ビタミンやタンパク質の合成、免疫力向上など健康維持に欠かせぬ役割も担っており、必要に応じての食生活改善やサプリメントなどを用いての補給摂取が大切です。