便秘改善に臨む上で

Uncategorized

便秘は単なる身体的苦痛のみならず、体内で大腸菌を始めとする悪玉菌が見せる、大腸がんに繋がるリスクが否めぬ悪しき活動に繋がる危険信号です。一刻も早い改善を望むのは全ての方々に共通する気持ちですが、ここで大切なのが「正しい改善努力の実践」に他なりません。

一部の方々は市販の便秘薬に手を伸ばし、その速攻性からとりあえずの安堵をおぼえてしまいがちです。ですがこれは一過性の排便効果を誘発したに過ぎず、安易に頼り過ぎる生活習慣となってしまっては大変危険です。その間にも元来優勢であるべき善玉菌と、劣勢だからこそ適正な腸内環境を保っていられる悪玉菌の力関係に逆転状態が進行してしまえば、より一層根本的な解決から遠ざかるばかりです。

まずは食生活の改善に際し、ビフィズス菌や乳酸菌などが豊富に含まれる食材や飲料水の積極的な摂取が不可欠です。具体的にはヨーグルトを始めとする乳酸菌飲料、更には味噌や漬けものなど、善玉菌を多く含む食材がお薦めです。同時に善玉菌の摂取だけに着目し過ぎる事無く、安定した睡眠時間の確保や適度な運動の継続、更にはストレスの上手な発散など、心身に新たなる負担を覚えぬ改善にも意識を向けてください。補填摂取した善玉菌が十分に腸内で活躍出来る体調を整える事にも意識を向け、焦らず根本的な便秘解消に努めてください。