便秘は単なる身体的苦痛のみならず、体内で大腸菌を始めとする悪玉菌が見せる、大腸がんに繋がるリスクが否めぬ悪しき活動に繋がる危険信号です。一刻も早い改善を望むのは全ての方々に共通する気持ちですが、ここで大切なのが「正しい改善努力の実践」に他なりません。

一部の方々は市販の便秘薬に手を伸ばし、その速攻性からとりあえずの安堵をおぼえてしまいがちです。ですがこれは一過性の排便効果を誘発したに過ぎず、安易に頼り過ぎる生活習慣となってしまっては大変危険です。その間にも元来優勢であるべき善玉菌と、劣勢だからこそ適正な腸内環境を保っていられる悪玉菌の力関係に逆転状態が進行してしまえば、より一層根本的な解決から遠ざかるばかりです。

まずは食生活の改善に際し、ビフィズス菌や乳酸菌などが豊富に含まれる食材や飲料水の積極的な摂取が不可欠です。具体的にはヨーグルトを始めとする乳酸菌飲料、更には味噌や漬けものなど、善玉菌を多く含む食材がお薦めです。同時に善玉菌の摂取だけに着目し過ぎる事無く、安定した睡眠時間の確保や適度な運動の継続、更にはストレスの上手な発散など、心身に新たなる負担を覚えぬ改善にも意識を向けてください。補填摂取した善玉菌が十分に腸内で活躍出来る体調を整える事にも意識を向け、焦らず根本的な便秘解消に努めてください。

善玉菌と悪玉菌なる存在に関しては、専門知識こそお持ちで無くとも、誰もが漠然とその名前を認識されているに違いありません。同時にその固有名詞から来るイメージだけで、前者が身体に良い菌で、後者は病原菌的な存在だと捉える向きが多いかと思われ、概ね間違った解釈ではありません。ですが医学用語を日本語訳したこれら三文字ですので、字面だけから全てを判断するのは専門的に申せば「間違い」なのも事実です。

善玉菌と言えば腸内で良い働きを担う、身体に必要な菌として周知されています。対して悪玉菌は健康な身体内では善玉菌と比較して劣勢ながら、身体内から完全に消し去ってしまう事が困難な菌であり、ストレスその他で体調が崩れると増殖を見せる特徴を有しています。その顕著な症例が便秘であり、体外から善玉菌を豊富に含有するヨーグルトやサプリメントを摂取する事で対応を図る風邪対策は、既に数え切れない方々が実践されている通りです。

ビフィズス菌や乳酸菌などが腸内環境の改善から安定に有効である事は、多くの方々が認識されている通りですが、ここでは更にもう1歩深く踏み込んで、善玉菌と悪玉菌と便秘との関係性を、皆様と一緒に検証してみたいと思います。体内のメカニズムをより深く正確に知る事で、善玉菌をより安全かつ適正に摂取する方法を正しく見極められれば、便秘という厄介な症状と無縁の健康な毎日の維持は、然して難しい事ではありません。同時に多くの方々が誤って捉えがちな悪玉菌に関しても、この機会に正しい豆知識を得ていただければ幸いです。

関連HP>>>私の便秘は解消しました。~この感動をあなたにも~
善玉菌を増やすオリゴ糖について説明しています。

私達の腸内には400種類以上、総数は100兆を越えるさまざまな菌が混在しており、腸内細菌と称されるこれらの多くは大腸内の腸壁にへばりつく状態で生息しています。これらの中で私達の健康維持にプラスの働きを見せる菌を善玉菌、反対に悪しき働きを届ける菌を悪玉菌と、大きく2つに訳で捉えられています。ちなみに後者の代表格として大腸菌が、そして皆様には馴染みの薄い名称かと思われますが、ウェルシュ菌なる存在が挙げられます。

善玉菌は腸内に送り込まれたタンパク質を分解から便やガスの素を作る働きを担い、これらは腐敗物質と称されます。元来であれば一定時間内に体外に排泄されるべきこれらが腸内に滞留してしまうと、健康時には劣勢だった悪玉菌が一気に増殖を見せ始めます。大腸菌は大腸がんなど深刻な症状を引き起こすリスクを有しており、活発な活動をさせぬ健康管理が求められます。

こうした悪玉菌の悪しき活動を抑制させる上で、私達は体内における善玉菌の優勢状態を保たねばなりません。ちなみに善玉菌にはこの大切な働き以外にも、ビタミンやタンパク質の合成、免疫力向上など健康維持に欠かせぬ役割も担っており、必要に応じての食生活改善やサプリメントなどを用いての補給摂取が大切です。